レポート。カリフォルニアの太陽とクラシックカー。

カーメル、カリフォルニア州、アメリカ。

自動車の歴史・現在・未来を祝福する、世界最高峰のスポーツカーの祭典「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」に合わせてBMW i Pure Impulseイベントが開催され、カリフォルニアの爽やか太陽の下で極上のおもてなしを楽しみました。

イベント第1日目の夜は、今回の宿泊先である「サンタ・クルーズ・ドリーム・イン」にて、サーフスポットとして有名なカウウェル・ビーチを一望しながらのウェルカム・ディナーが開催され、地元ナパバレーの農園で生産されたワインが食事と共に提供されました。ディナー後は伝説的サーファーのジャック・オニール氏にちなんだ名前がついた部屋に移動して、BMW i Pure Impulseプログラムのこれまでの軌跡をまとめたショートムービーが上映されました。

第2日目の朝は、シャトルバスで「ザ・クエイル」の会場であるモントレー半島のリゾート「ザ・クエイル・ロッジ&ゴルフクラブ」に向かいました。欧州や米国国内から訪れた30名のメンバーたちは、古今東西から集まった様々な種類のヴィンテージ・カーやバイクの展示を楽しみました。

大手自動車企業や新興企業のコンセプトカーなどの展示もありました。BMWから披露された新モデル「BMW Z4 M40i」は会場の真ん中に展示されていました。参加メンバーたちは無料の軽食やドリンクを楽しみながら、展示を見て回りました。

同日夜はカーメルバレーの「BMWヴィラ」にてレセプションディナーが開催されました。BMWノースアメリカの重役も参加し、BBQ、カクテル、葉巻、DJによる音楽、そして参加者同士の交流を楽しみました。この夜は、メンバー限定の秘密プレゼンテーションで新モデルが発表され、BMW 8 シリーズ・コンバーティブル、BMW X7の新モデル、M8のコンセプトモデルなどが登場しました。

プログラム終了後、一部のゲストたちはホテルに戻りバーで宴を続け、一部のゲストたちは眺めの良い客室に戻り、カリフォルニアの夕陽に包まれながらリラックスした時間を過ごしました。